二次会景品を選ぶ際に知っておきたいこと

2次会景品*HOME  bingo-keihinならhappyまで

結婚式や忘年会、ゴルフコンペなどが行われた後には
二次会が開催されることも多いです。


また、二次会の幹事として選ばれた場合、慣れている人なら良いですが
あまり幹事を任されたことがない人にとっては、何をどう運べばいいのか
わからなくなることもあるかもしれません。


中でも一番頭を悩ませるのが、二次会の景品を考える時ではないでしょうか。

楽しい二次会

二次会の景品として人気があるのは、温泉旅行のチケットです。

特に、どこの温泉に行くのは自由に選ぶことができるチケットは
多くの人に喜ばれます。


ペアチケットにすることで、当たった人が、気の合う人と
行ってもらうこともできるのです。


家族でもいいですし、恋人や友達など自由に誘うことが
できるのでおすすめです。

喜ぶ

 

二次会の景品に温泉のチケットがあれば、二次会に参加をしている人は
真剣にゲームなどを頑張るものです。いいものが準備してあれば、
それだけ会場も盛り上がりますし、わくわくするのでおすすめです。

 

二次会の景品としては、温泉のチケット以外にも、テーマパークのチケットも
定番で人気となっています。テーマパークのチケットも友達と一緒に行ったり、
家族を誘うこともできます。


普段、なかなか、自分では購入できないものをもらうことで
喜びはとても大きくなるものです。

 

せっかくなので、多くの人が喜ぶものを準備することもとても大切です。

 

どこの温泉も捨てがたい!「日本三名泉」を要チェック!

 

日本中どこにでも温泉はありますが、その中でも「日本三名泉」と呼ばれる一度は行ってみたいおすすめの温泉があります。

日本三名泉とは、兵庫県にある有馬温泉、群馬県にある草津温泉、そして岐阜県にある下呂温泉です。

どの温泉も古く歴史があり、室町時代の京都五山相国寺の詩僧万里集九の詩文集「梅花無尽蔵」にも登場します。
有馬温泉は神戸市北区の山の中にあり、金泉・銀泉で有名ですが、療養泉として知られる9つの成分のうち7つまでが含有されています。

 

そのため湯治湯としても人気があります。関東にお住まいの方なら草津温泉でしょう。
とても迫力があり、湧き出た100度近い湯を7本の木樋でかき混ぜる「湯畑」は有名です。毎分3万2,300リットルの湧出量は、自噴泉としては日本一の湯量を誇り、pH2.1という強酸性で殺菌作力があります。また下呂温泉は飛騨川流域で湧出しており、山間の風情が感じられる温泉街となっています。

泉質はアルカリ性単純温泉ですが、お肌がすべすべになると人気です。
せっかく温泉旅行チケットが当たったのなら、ぜひこの日本三名湯まで足を運んでみてはいかがでしょうか。
温泉に癒されながら、周辺の観光も楽しむことができるでしょう。